煙草を本気でやめたい!とお考えの禁煙方法を伝授する

煙草のない禁煙生活でスッキリとした空気を思いっきり吸おう!

タバコは昔から百害あって一利なしといわれており、その健康への悪影響から禁煙を試みる人はたくさんいます。

 

しかし、実際に禁煙に取り組んでタバコをやめることができた人はどれくらいいるでしょう。

 

多くの人が途中で挫折してしまっているだけでなく、タバコをやめるくらいなら病気になっても構わないと開き直っている人もいるほどです。

 

タバコの持つ害はかなり深刻なもの

 

タバコを吸ったときの煙にはさまざまな有害物質が含まれており、タール、一酸化炭素、そしてニコチンはタバコの三大有害物質といわれます。

 

タールとは、喫煙によってタバコの葉に含まれる有機物質が熱で分解されてできた科学物質です。

 

その中には4000種類以上の化学物質が含まれており、そのうちの60種類以上が発がん性物質です。

 

タバコが原因のがんというと肺がんをすぐに思い浮かべる人も多いでしょうが、その他の身体中のほとんどのがん発生の要因ともなるのです。

 

また、心筋梗塞や脳卒中、脳梗塞に狭心症など、命に係わる病気の原因を引き起こす他、いろいろな病気の原因を作り出すのです。

 

一酸化炭素は排気ガスに含まれる有毒物質ですから、それを直接体内に摂り入れることが身体によくないのは当然でしょう。

 

また、ニコチンは青酸に匹敵するほどの高い毒性を持っています。

 

ニコチンそのものはヒ素と同じく薬物及び劇物取締法で規制されていますが、これまでも何度かタバコを水につけた茶色い水(ニコチン溶液)を使った殺人事件も起こっているほどです。

 

やめられないのは煙草依存性のため

 

それほどまでに恐ろしいタバコの害を知っていながらも、どうしてタバコをやめることができないのでしょうか。

 

その理由は、タバコに含まれるニコチンのせいなのです。

 

ニコチンは非常に強い依存性を持っており、それは麻薬に匹敵するほどです。

 

また、禁断症状時の強さも麻薬並みとされています。

 

だから、一度依存してしまうとなかなかやめることができない、つまり「ニコチン依存症」だからです。

 

喫煙者のおよそ70パーセントはニコチン依存症とされています。

 

依存してしまう仕組みはこうです。

 

タバコを吸うことで脳の中にあるニコチン受容体にニコチンが結合します。

 

するとニコチン受容体はドーパミンという物質を放出するのですが、このドーパミンは快感や覚醒作用がありますから、脳はタバコを吸うことで気持ちよく感じることができます。

 

ところが数分後にはその快感は失われてしまいますから、脳はさらに快感を得るために「ニコチンを摂取しろ」と命令するのです。

 

こうしてニコチン摂取を続けているうちに、やがて依存症となってしまうのです。

 

国を挙げての禁煙支援

 

依存症は病気のひとつです。

 

病気の治療は自分の意志だけでは困難ですから、何かに頼る必要があります。

 

そのための手段にはいろいろあるので、自分に適したものを見つけて実行するといいでしょう。

 

厚生労働省などでは、禁煙支援マニュアルを作成しています。

 

これは禁煙によって起こりうる身体の症状やなぜ禁煙がうまくできないのか、どんな方法が好ましいのかなど、タバコをやめるための知識がわかりやすく説明されており、病院や保健所などで指導を受けることが可能です。

 

禁煙外来病院で受診する

 

さらに最近テレビCMなどで見掛ける機会も多いかと思いますが、「禁煙外来」も国を挙げて支援している禁煙手段です。

 

前述したように喫煙は依存症ですから、医師のアドバイスのもと禁煙補助薬を処方してもらうことで禁煙の成功率を高めることができます。

 

禁煙治療は一定の要件を満たせば健康保険などが適用できるので、金銭的負担が軽くなります。

 

治療の流れとしては、まずはじめに健康保険などの適用が可能かどうかをチェックします。

 

ほとんどの喫煙者は当てはまるかと思いますから、あまり気にしなくてもいいでしょう。

 

健康保険が適用できるとなれば、いよいよ禁煙開始です。

 

いつから始めるかを医師と相談しながら決定して、「禁煙宣言書」にサインします。

 

そのうえで、あなたの健康状態や喫煙・禁煙歴を確認してタバコをやめたときのニコチン切れへの対処方法などについてアドバイスを受けます。

 

さらに、禁煙補助薬に関しての説明を受け、自分に合った薬を選びます。

 

治療期間は12週間で、その間に5回の診察を受けます。

 

診察時には薬の処方を受けたり呼気の中の一酸化炭素の濃度を測定したり、さらに現状の報告とそれに対するアドバイスを受けます。

 

治療に掛かる費用は健康保険を使った自己負担率3割と考えて、処方される薬にもよりますがだいたい13,000~20,000円と考えればいいでしょう。

 

一日に一箱以上吸う人なら、タバコ代よりも安く済むはずです。

 

ただ、過去1年以内に健康保険を使って禁煙治療を受けたことがある人の場合は自由診療となるのでご注意を。

 

けれども、この治療を受けた人で治療期間中の4週間以上に亘って禁煙できた割合は80パーセントほどに上るという実績があります。

 

◎こちらのサイトも併せてお読み下さい

 

脱毛グッズ用品おすすめ口コミ
当たる電話占いでアドバイスを求める