煙草を本気でやめたい 意志

自分の意志だけでタバコをやめるのはムリがある!

これまでもタバコをやめようとしてきた人は数知れないかと思います。

 

しかし、それに成功した人は決して多いとはいえないのが実情ではないでしょうか。

 

 

麻薬に匹敵するほど強いニコチン依存性

 

 

その理由は、タバコの依存性にあります。

 

タバコに含まれるニコチンには麻薬に匹敵するほど強い依存性があり、さらに禁断症状も非常に強力です。

 

だから一度依存症になると、そこから抜け出すのは簡単なことではありません。

 

タバコをやめられないのは意志が弱いからといわれることも少なくありませんが、精神力だけで成功できるものではないのです。

 

 

精神力だけでタバコをやめるのはかなりの忍耐を要する

 

ここで、少しでも楽にタバコがやめられる方法についていくつか紹介しておきましょう。

 

まず、なぜ自分が禁煙したいのか理由をしっかり考えて、それを書き出します。

 

途中でつらくなったときにそれを見ることで初心に戻り、新たな気持ちでまたこと取り組むことができます。

 

いつからタバコをやめるのかをしっかり決めることも肝心です。

 

「今あるタバコがなくなってから」「もう一本吸ってから」そんなことでは気持ちがブレてしまいます。

 

最初の関門として、タバコをやめたその日か次の日に吸いたい気持ちが起こり、その次はだいたい1週間前後にやってきます。

 

さらに、もうタバコのことは忘れたはずの1~2か月後に急に吸いたくなるでしょう。

 

でも、この3つの関門さえ乗り切れば禁煙に成功する確率は非常にアップします。

 

タバコを吸いたくなったときには、その感情はいつか収まると自分に言い聞かせて誘惑に負けないことが肝心です。

 

ただ前述したように精神力だけでタバコをやめるのは難しいので、吸いたい気持ちをいかにまぎらせるかが重要です。

 

ガムを噛んだりあめを舐めたり歯磨きをしたり、いろいろな方法を試してください。

 

気持ちを紛らわせることさえできれば何でも構わないのです。

 

禁断症状に負けない逃れる方法はいくつかある

 

ニコチンパッチやニコチンガムなどを噛んで一時的に禁断症状から逃れるのも一つの方法です。

 

これらで禁断症状を抑え、その摂取量を減らしていくことでニコチン依存症から脱却を目指します。

 

こういった方法を試しても自分一人の力ではタバコをやめる自信がないという人には、禁煙外来の受診をおススメします。

 

禁煙外来では医師の指導のもと禁煙補助薬を使用しながら行なうので、精神的苦痛を最小限に抑えながら比較的簡単にタバコをやめることができるはずです。